目の異常、皮膚や歯のトラブル

高齢犬にはあらゆる症状があらわれますが、中でも眼の異常は分かりづらいので、日々注意して観察し、異変が合ったらすぐに気がつくようにして心がけましょう。

目ににごりがあったり、瞳孔が開いていたり、赤くなっていたりしたら注意した方がいいかもしれません。不安な場合は医師にかかった方がいいでしょう。

目に良い成分はビタミンに多く、中でも「ビタミンA」は目だけでなく皮膚や歯にも効果があるため、必須の栄養素と言えるでしょう。しかし、動物性のビタミンAは摂取しすぎるとかえって体に悪いようで、吐き気や下痢などの重い症状を起こしてしまう危険性があるようです。

「ビタミンB2」「B6」「B12」といった基本的な栄養素の他にも、ブルーベリーに含まれる「アントシアニン」も目の症状緩和に良いようです。

 

犬の八割は歯周病であると言われており、場合によっては極めて危険な症状に繋がることもあるようです。

よだれが多く出たり、口をくちゃくちゃさせるなどといったサインを見逃さないようにして、きちんと歯磨きをしてあげることが肝心です。

犬が体を掻いていたら、皮膚のトラブルの可能性があります。

体をさわってみて、皮膚の表面に異変があったり、耳あかがべとべととしていたりしたら、トラブルのサインかもしれません。

入浴剤を入れたお風呂に入ると、皮膚のケアになるだけでなく、リラックスできるためストレスの緩和にも繋がるので犬にとっても良いことづくめですね。

皮膚に良いのは「ビタミンC」です。とても役に立つ成分ですが、こちらも摂りすぎると悪い症状が起きるようです。

一緒に摂ると良いと言われているのが「コラーゲン」。人間と同じく、若く弾力性のある肌をつくることができます。

Next PagePrevious Page
Tags
One Comment

Add your comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です